アイドル山岸!愛車と向き合う3年間を大公開! | ロードバイクの買取・委託販売代行ショップ【BICI AMORE】

電話番号

電話番号

ロードバイク好きの為に本気の高価買取宣言!!

ブログ

アイドル山岸!愛車と向き合う3年間を大公開!

2017.08.12 Sat

ブログを御覧の皆様、こんばんは。

南麻布店のアイドル山岸です。

年も年だしいい加減アイドルは辞めようかと悩んでおります。

 

何故か?って?

 

麻布店には周さんというレディが居るので、そろそろアイドルの座は譲ろうかなって。

 

次回からは、ダンディ山岸にしようかな。(ダンディ坂野みたいだ…..)

 

ジェントル山岸……山田…..

 

 

やっぱりアイドル的な可愛さが欲しいですよね。

となると、プリティですかね。

 

よし!プリティにしましょう!

 

しかし、横で周さんに『アイドルいらない』と冷たくあしらわれたので(泣)

 

次回からは何か新しい自分に出会えると思って下さい!(笑)

 

では、本題にいきましょう。

 

 

1番最初に書いた自己紹介ブログの延長みたいなもので、

 

更に山岸の良さを皆さんに分かって貰おう!!と思い今回は熱い想いを綴ります。

 

ダイエットの為に自転車を始めたという事は山岸ファンの間では有名な話です。

そこから速さを求めてロードバイクに乗ったわけです。

 

初めてのロードバイクは意外にもヴィンテージバイクなんです(笑)

GIANT PEROTON6000

IMG_9198

↑昔のを引っ張ってきたので、画像荒すぎです。

 

 

というネット検索でも、なかなかヒットしない代物です。

 

右も左も分からず、何のコンポが付いていたかも分かりません。

 

ただ。覚えているのは純正で楕円チェーンリングだったということ(笑)

 

そして、地元にある松田自転車様に毎週の様に整備に持ち込んでいました。

この松田自転車様が大御所、LEVELとも知らずに(笑)

 

そこで、いつも話をしていて。このPEROTONにSTIを付けたい!と相談すると、

 

『これはマニアからしたらとても貴重なバイクだから、このままの形で乗って下さい。』

 

当時の私は、『なんでやってくれねーんだ!!』って思っていました(笑)

今となっては、その意味も分かるし、その通りだとも思います。

 

そして、半年くらいですかね?

乗っていましたが、やはりSTIレバーへの憧れを捨てきれずに、台東区のショップで

 

GIOS LESTA

IMG_9199

↑懐かしくも美しい色ですね〜

 

 

を購入。

初めて乗った時は、アルミの軽さとSTIレバーに感動したのを覚えています。

 

そもそも、PINARELLOを買いに行ったのに、サイズ調整器がGIOSをいじった物だったので、

乗った時にGIOSブルーに感動して即決でGIOSに決めてました。

 

運命ってやつを感じてしまったわけです(笑)

 

そこからは走りまくりましたね。230キロとか一泊旅行とか。

 

そして、ずーっと弄ってましたね(笑)

 

そしてそして、仲間(現チームのエース)に誘われ、初めてのクリテリウムに参加したのもGIOSでした。

 

結果はリタイア。

 

そこそこ走れると思っていた自分をボロボロに崩してくれました(笑)

 

恥ずかしさと悔しさから、仲間と『チーム立ち上げて、もっと強くなろう!勝とう!』

とチームを立ち上げたわけです。

それが、今は無き”そあるーざー”というチームです。

 

周りやショップからは君のアルミロードじゃ上位に行けても勝てない。

と言われ続けました。

悩んだ末に、さよならGIOS!!!

最終スペック

コンポ:シマノ 105 5800

ホイール:MAVIC KSYRIUM

ハンドル、ステム:シマノPRO Vibe7s

 

 

どうしても勝ちたかったので、意を決してカーボンロードを購入しました。

 

それが……..

 

 

 

 

 

DEROSA SUPER KING

IMG_9200

↑カッコヨスギませんか!?

 

 

GIOSのコンポなどを全て移植することにしたので、

初めて自分で組んだロードバイクになります。

 

変速調整が上手く行かず、何度も何度も、寝る間を惜しんで勉強し、

ショップに教えてもらいに行き….

 

完璧な状態になるのには1週間程、かかったと思います(笑)

 

そこからは、またたくさん乗りました。

トレーニングもしました。

 

そして去年の9月ですね。

 

一緒にチームを立ち上げた仲間が2時間ソロエンデューロで2位になったんですね。

 

表彰台に登る彼の姿を見て嬉しい半面、悔しい思いでいっぱいになりました。

 

何で、俺は表彰台に登れないんだろうと……

 

そこで、恥を偲んで、その彼に、どうやったらもっと強くなれるのかを聞きましたね(笑)

 

『自分に甘いです。もっとやらないと駄目。』

 

などなど厳しい言葉を貰いましたね(笑)

 

そこからは、ひたすらトレーニングや乗ることを続けました。

 

その結果もあって、今では

 

静岡エコパエンデューロ男女混声チーム・・・3位

房総GP 3時間エンデューロ・・・優勝

GSR CUP 3時間エンジョイエンデューロ・・・優勝

 

と輝かしい成績を残せています。

個人戦は、あまり輝かしくないので割愛(笑)

 

しっかりトレーニングすることで結果は付いてくる事も実感しております。

 

しかし、毎回、毎回必ずといっていい程に何故かメカトラブルが発生してしまいます。

DEROSA SUPER KINGは、ヤビツ峠アタックした際にチェーン落ちが発生し、そのまま踏み込みBB下からクラックを入れてしまいました。

 

最終スペック

コンポ:シマノ アルテグラ6800

ホイール:MAVIC COSMIC CARBON 40C

ハンドル、ステム:シマノPRO Vibe7s

 

 

 

そして泣く泣く次のフレームを購入。

 

DEROSA SK

IMG_9201

 

です。

 

ここから、私のエアロ道が始まります(笑)

SRAM red22で組み上げ、ZIPPのホイールを履き、どう考えてもカッコイイ仕様でした。

(写真では、BORA ONEにアルテグラです笑)

 

しかし、そのフレームもレースでチェーン落ちし、バキッと逝きました。

 

最終スペック

コンポ:スラム レッド22

ホイール:ZIPP404

クランク:ROTOR 3Dクランク

 

 

切なすぎる現状に悲しくなり、もう自転車には乗れない。と本気で悩みました。

 

 

 

しかし、その時には、ビチアモーレに勤めていたので、救いの手が!!!!

 

 

 

 

ロードバイクを始めた頃に毎日毎日、色々なロードバイクを見ていて、明らかに速そうで、強そうで、

周りを圧倒できる自転車。

 

 

 

それが……

 

 

 

cerveloとS-worksだったのです。

 

明らかに高価で、硬そうで、そして速そう。

 

お目にかかる事すら難しい。

 

そんな自分にとっての二大最強メーカー。

 

その最強中の最強を誇る物…..

 

 

 

 

 

cervelo S3

IMG_9758

 

これを手に入れる事が出来たのです。

 

自分には使いこなせないんじゃないか。とか色々思いましたが、

乗ると、そこまでガチガチな感じも無く、クイックなカーブも気持ちよく

明らかに直線番長でした。

 

グイグイ進み、自分の乗り方に応えてくれる様な反応の良さは感動です。

 

ヒルクライムは、まぁ…うん。て感じですが、そんな事よりも

 

今のホイール(EASTON EC90 AERO55)とも相まって

高速巡航が明らかに楽になりました。

 

コンポをカンパニョーロに換装した事で、多段変速も可能になり、更に乗りやすく

唯一無二の自分だけに乗りこなせるじゃじゃ馬が出来上がりました(笑)

 

cerveloは、ブランドイメージから、高い!硬い!と思われがちですが、実は意外とお手頃な価格設定

なグレードもあります。

 

R2やS2は最近、よく街中でも見かけます。

 

それ程、手に入りやすくなったのです。

反面、流通量そのものが爆発的に多いわけではないので、中古で出てくるのも稀です。

 

毎日自分のを見ていますが、入荷すれば、『おぉっっ!』となります(笑)

 

それ程までにカッコよくて異彩を放ち、存在感抜群なフレームは他にあるのでしょうか(笑)

 

いつまでもロードバイク乗りの憧れであり、乗った時には感動を与えてくれる。

そんなブランドであり続けて欲しいと思います。

 

そしてcerveloと共に色々なレースにも参戦しております。

先程話した、“そあるーざー”を解散させ、バリバリのレーシングチームに立ち上げ直したり。

 

それが山岸が運営を努め、共に敗北を味わった仲間と創立した“Team Sore Loser Racing”となったわけです。

ジャージには、BICI AMOREのロゴをセンターに構え、バリバリと優勝を狙うチームにしようと

日々、奮闘しております。

 

勿論、愛車のcerveloちゃんと一緒にです(笑)

 

 

cerveloや、レースが気になっている方が居ましたら、是非とも山岸までお尋ね下さいませ(笑)

私が乗ってきていたら、是非、目で見て触って体感して下さい!

 

なかなか面白いスペックで組んでいるので、見るだけでも楽しめますよ(笑)

 

では、愛車スペックを紹介致します(笑)

※常に変化致しますので、8月11日現在です(笑)

 

フレーム:cervelo S3 チーム ビグラエディション

シフト/ブレーキレバー:Campagnolo SUPER RECORD 11S

フロントディレイラー:Campagnolo SUPER RECORD 11S

リアディレイラー:Campagnolo SUPER RECORD 11S

ブレーキ:TRP R970SL マグネシウム

スプロケット:SHIMANO DURA-ACE CS-9000 11-28T

チェーンリング:ROTOR Q-RINGS 52-36T

クランク:ROTOR 3Dクランク 172.5mm

ペダル:SPEED PLAY

サドル:sanmarco MANTRA

ホイール:EASTON EC90 AERO55

タイヤ:コンチネンタル スプリンター

ハンドル:Deda SUPER ZERO アロイ

ステム:Deda SUPER ZERO

サイクルコンピューター:POLAR V650

ライト:CATEYE VOLT800/300

バーテープ:fizik

 

ウェアのスペックも少々

 

ヘルメット:RUDY PROJECT  sterling

アイウェア:RUDY PROJECT FOTONYK

シューズ:LAKE CX237

 

 

です。

 

一つ一つレースで使えて、尚、ロングライドでも快適なパーツをアッセンブルした拘り仕様となっております。

 

周りからは、“癖が強すぎる”と言われますが、それこそが自分専用のロードバイクだと思います。

 

自分の拘りを全面に出したロードバイクを一緒に考え、悩み作れたらなと心から思っています。

 

勿論、分からない事もございますが、その時は徹底的に調べますので(笑)

 

 

 

是非、麻布店に起こしの際には、『やまちゃん。クリテリウム向けにホイール変えたいんだけど。』

などなど、声を掛けて下さい(笑)

 

全力で、対応致します!!!!

 

ではでは

 

皆様、またらいしゅ……

 

危ない!!!

 

忘れるところでしたね。

皆さん、コレを待ってましたね。

 

やんちゃな気持ちは忘れない。あなたと一緒にルンタッタ。山岸でした!

 

おちまい。

 

BICI AMORE 公式販売サイト

トップへ戻る