今年最後のWT1クラスのワンデーレース「イル・ロンバルディア」の展望! | ロードバイクを売るなら買取・売却のプロ【BICI AMORE】

電話番号

電話番号

ロードバイク好きの為に本気の高価買取宣言!!

芦屋店:くろっきー

今年最後のWT1クラスのワンデーレース「イル・ロンバルディア」の展望!

2017.10.05 Thu

こんにちは。
芦屋店の黒木です。

今回は、10月7日に控える、今年最後のワールドツアー1クラスのレース、
イル・ロンバルディアの展望をしてみたいと思います。

2017年 イル・ロンバルディアの展望

まず、歴史あるこのワンデーレースは、上りを繰り返す、240km前後に及ぶタフなレースです。
過去の成績より、総合系の上りに特性のある選手が優勝する傾向にあります。

今年は2015年と同じコースになりますが、その年はニバリ(当時アスタナ)が残り20km弱を見事に逃げ切り優勝しました。

20155200-283903

イタリアチャンピオンジャージを纏うニバリが、イタリアのクラシックレース、イルロンバルディアで、1位でフィニッシュし、たまたま飛んできたイタリア国旗が、ガッツポーズをするニバリの体に張り付くという、話しが出来すぎの図

当時、同じくアスタナに所属していたディエゴ・ローザが、最後から2つ目の上りで非常に良い仕事をし、下りで差をつけて逃げ切りました。
そのレースでも5位でフィニッシュし、翌年は惜しくも2位だったディエゴ・ローザは、今年はチームスカイから出場予定です。
クウィアトコフスキーやミケル・ランダといったエース格の選手が出場しますが、チャンスがあれば間違いなく狙ってくるでしょう。

最後から二つ目の上りがポイントになるかと思われますが、その下りが非常に狭くてテクニカルなので、下りに不安を抱くティボ・ピノーにとっては最後の試練になるかもしれません。

2017年 イル・ロンバルディア注目の選手9名

注目選手をざっと挙げますと、
ニバリ(バーレーンメリダ)
ファビオ・アル(アスタナ)
リゴベルト・ウラン(キャノンデールドラパック)
アラフィリップ
ダニエル・マーティン(クイックステップ)
クウィアトコフスキ
ミケル・ランダ
ディエゴ・ローザ(チームスカイ)
ティボ・ピノー(FDJ)

…といったところでしょうか。
他にもラファル・マイカ、ナイロ・キンタナといった選手も出場予定です。

展開によっては、サンウェブやオリカ・スコット、BMC辺りの活躍も十分考えられますが、
個人的にはニバリとスカイの3選手、クイックステップが注目です!

BICI AMORE 公式販売サイト

トップへ戻る