明日10月31日は終日、不在となります。 | ビチアモーレ

電話番号

電話番号

ロードバイク好きの為に本気の高価買取宣言!!

サイクルパーツ・ウェアの高価宅配買取

ブログ

明日10月31日は終日、不在となります。

2015.10.30 Fri

 

誠に勝手ではございますが明日、31日は終日出張の為、

芦屋店でのバイクメンテナンスやバイク本体の査定、自転車に関する楽しい雑談等、残念ながらお受けできません。

何卒ご了承下さいます様、お願い致します。

みなさまよいハロウィンを。

パーツを出さなきゃイタズラしちゃうぞ的なご来店はなにも出せませんのでご勘弁下さいませ。

 

 

 

 

 

 

ハナシは変わりますが近所のスーパーでこんなものが売ってました。

芦屋スタッフの間で大人気のヤマザキ謹製「メロンパンの皮焼いちゃいました。」

IMG_8669

 

 

いつの間にか 「2」に進化していたので「2」の中にひとりぼっちだった初代を一緒に救出してあげました。

いや「2」って映画やゲームじゃないんだから・・・・って投げやりなタイトルを見ながら食べてみると・・・・・?

 

 

☆メロンパン風味が濃くなってました☆

 

 

初代は「これ、メロンパン風のクッキーって言った方がいいんじゃね?」って感じでしたが

「2」はしっかりメロンパン風味!と決してメロンの味ではないけどメロンパンの味!

なかなかやるじゃないか2め。あっぱれである。

因みに245kcal→259kcalへと若干高カロリーになり、外観上の違いは表面に格子上の模様が入りました。

相変わらずうまいですよこれ。是非お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

・・・外観上の違いと云えば、当店にかなりの日数入庫していたカスタムCAAD10がついに「3」へ進化致しました。

当店に入荷した時点で既に完成しちゃってる感が全面に出てた例のCAAD10、まぁそれはさておき。

 

 

 

それでは初代からご覧頂きましょう。

 

初代 SRAM RED MY2012とコスミックカーボン80mm仕様、鈴鹿エンデューロ万歳\(^o^)/仕様。

この時点で十分完成している様な気がしますが気にしてはいけません。次のステージを目指しましょう。

そもそもあの・・・・・・・・・鈴鹿走りましたっけ?

 

m1

 

 

 

 

 

2代目 ENVEコンプリートとなりました。

完全にENVEメーカーデモバイクと化した最強CAAD10の完成。

 

m2

 

 

ハンドル+ステム+シートポストをENVE、ROADシリーズへ、

80mmハイトのコスミックカーボンからENVE Classic ROAD45ホイールへ変更、ハブはDT240仕様です。

他は変更がない様に見えますが、実はSRAM RED10速が+1速の11速となりました。

右側ダブルタップレバーと11速スプロケ、11速チェーンをゴニョゴニョすればなんちゃってRED22になります。

詳しくはご相談下さいませ。
もう十分でしょう。

そもそもCAAD10ですよCAAD10、スーパーでシックスなエヴォリューションしてるバイク買えますよ・・・・・・!

ENVEのホワイトロゴがハイスペックバイクであり、特別なパーツである事を主張します。

 

m6

 

m7

 

 

 

 

3代目 ついに完結。新ラインナップを纏い、より黒くなりました。

マットブラックに白デカールのENVEコンポーネントを一新、

新たにデビューした黒ロゴバージョンのENVEコンポーネントを全て投入。

ホイールは同時期に新しくリリースされたスマートエンヴィシステム、SES4.5 クリンチャー クリスキングハブモデルを装着しました。

 

m3

 

 

極まった!

全身ブラックに赤がワンポイントで入る極悪仕様。

 

m8

 

もはやエントリーアルミバイクである事を全く感じさせない、凄まじい威圧感を放つCAAD10、

実際にこのバイクを店頭にて見られた方が

「すごいスーパーシックエボですね~」

と数名、仰ってましたがCAAD10なんです。

 

よく見ると黒ロゴというより、ENVEロゴのみグロスクリアー仕上げといったところですね。

 

m4

 

シートポストは白ロゴモデルよりパイプ径が肉厚になり、

やや重量は増えましたがサドルレールの固定がより確実なものとなりました。ロゴの位置も高くなっております。

 

m5

 

ホイールはスマートエンヴィシステムのNEWラインナップ、SES4.5。

フロント48mm リア56mmと、低すぎず、高すぎないオーソドックスなリムハイト。

高速巡行を楽しみたいけどSES6.7はちょっとやり過ぎ・・・・と思う方にはピッタリな選択となるのではないでしょうか?

リム本体がもつ堅牢な剛性感と最高のエアロダイナミクスが35km/hを超えた辺りから確実に効いてきます。

足を止めれば独特のクリキンサウンドが極太のリムに反響、更に響きます。音は大事ですよ。

 

m9

 

 

ENVEのWebサイトに掲載されてもおかしくない今回のCAAD10ですが、

重量はペダル付きで実測6.8kgをマーク。超軽量のスパイダーチェーンリングが効いているのでしょう。

ボリューミーなカーボンクリンチャーを履いてるがゆえ、この数値は驚異的です。

次は「数字」が変わるか フレームが炭素素材になるかのどちらかでしょう。

余談ですがオーナー様にこのバイクの用途をお聞きしたところ、

「とりあえず銀行回りとコンビニ用、後はクリーニング屋にスーツ出しに行くわ!」との事でした。

なんでもこんなかっこいいバイクを普段乗らずにどうする、ってハナシです。あっぱれ。

戦闘力むき出しのバイクですから踏みすぎ注意、くれぐれも安全運転にてお願い致します。

 

 

コンポ組付、オーバーホールご依頼、その他メンテナンスにつきましてはお気軽にご相談下さい。

TEL/FAX   0797-38-5581

メールアドレス info@biciamore.ne.jp

担当 阿藻

 

 

BICI AMORE 公式販売サイト

サイクルパーツ・ウェアの高価宅配買取

トップへ戻る