マウンテンバイクをカスタム!CANONDALE(キャノンデール)RIZE5をシマノ SLXに組み換えました | ビチアモーレ

電話番号

電話番号

ロードバイク好きの為に本気の高価買取宣言!!

サイクルパーツ・ウェアの高価宅配買取

ブログ

マウンテンバイクをカスタム!CANONDALE(キャノンデール)RIZE5をシマノ SLXに組み換えました

2014.11.26 Wed

 

当ブログをご覧の皆様、ご無沙汰しております。

 

前回の更新からかなり時間を空けてしまいました。

ビチアモのHPを開く度にメカニックのブログをチェックして頂いてるマニアックな皆様、スミマセンでした。

というのも10月を過ぎた辺りからモーレツに忙しくなり、

皆様から委託でお預かりしているバイクのメンテナンスや出品作業に追われてしまい、

夜遅くまで業務が残っている事もしばしば・・・・(先日ツッコミがありましたが当店は決して24時間営業ではありません。笑)

なにかと当店へご用命頂いてる方には長らく時間を頂戴する事になってしまい申し訳ないです。

 

しかーしそろそろ更新しなければと、ネタになりそうな出来事を思い出していると・・・・

 

・Bianchi(ビアンキ)Oltre XR2 2014年モデルのオルトレをアルテDi2&コダワリのビアンキパーツでくみくみ。

・Bianchi(ビアンキ)MEGAPRO (メガプロ)をフラットバーロード仕様でくみくみ。

・なんと!DE ROSA(デローザ)PROTOS(プロトス)ブロンズカラーを

デュラエースDi2&BORA ULTRA35でくみくみ。

・Bianchi(ビアンキ)Oltre XR2、

なんと! 「2015年」モデルのオルトレをデュラエースDi2&GOKISOホイールでくみくみ。等

 

出てくるわ出てくるわ・・・(皆様、本当に沢山のご依頼ありがとうありがとうございます。泣)

 

ということで今回は先日、CANONDALE(キャノンデール)RIZE5を大改造した件についてご紹介。

IMG_5586

 

こちらの車体は毎回、大、大、大好評を頂いている関東出張引取ツアーで顧客様よりお預かりしたバイク。

(12月初旬より関東出張が再び可能となります!)

 

その後当店にてクリーニングと出品準備を行ってる最中に、

お持ちのバイクにENVEのSES×クリスキングセラミックハブ、

デュラエースDi2を始めREDやスーレコで武装したハイエンドバイクを多数お持ちのK様が

ご来店。一目見るなり、街乗りに使いたいから即買います~!との事。

 

このRIZE5は2008年モデル。よってキャノンデールのHAND MADE IN USA物としては最後のイヤーモデルとなります。

 

コンディションは6年前とは思えない程の極上モノ。即決とはやはりK様、お目が高い・・・・・!

IMG_5587

 

いろいろ話している内のいつの間にかやっぱりカスタムの話へ突入。

K様と私はお互いドノーマルで乗れない性分ですので、

この素敵過ぎる素材を如何にしてすぺさるなバイクに仕上げるか。

 

カスタムアイデアスイッチを押して脳みそをフル回転させて相談する事5秒。

 

「コンポーネントはSLXをベースにクランクは個人的に一押しのFSA アフターバーナー!

タイヤは街乗りに最適な極太スリックタイプ!

ステム、シートポスト、ハンドルバーはトムソンで統一!

アクセントにグリップとサドルはK様トレードマークのカモフラで行きましょう。如何でしょうか?」

 

K様 「ラジャー!」

 

K様がトムソンのアクセサリーとカモフラ柄のサドルとグリップを調達しに出発したと同時に

私はバイクをフレームの状態までリセット。

こういうのはワクワク感いっぱいでノリに乗っている内に作業するのが一番いいんですよ。

今回は本当にカッコよく決まる自信がありました。また、私のカスタムセンスが試される時でもあります。

IMG_5643

当店にてシマノ SLXのコンポーネントセットは全て入手。

当店販売価格でクランクを除いたコンポセットの価格は○万円弱でしたが(安っ!)

十分な変速性能と制動力をもつSLXを私はオススメしております。

何より「SLX」というグレード名がかっこよくないですか?

 

今回、カスタムの軸となるFSA Afterburner(アフターバーナー)クランクと

68mmJIS規格のフレームにBB30クランクを装着する変換BBは

必殺「シ毎タト通貝反の術」を発動させました。←のむらぼさんの真似です。笑

 

なお、JIS規格のフレームにBB30クランクを装着するBBですが、規格名としてはBSA30といい、

ROTOR製のBSA30 BBが一般的ですが

こちらはROTORの3Dプラスクランク専用品となり、他社のBB30クランクと軸長が異なる事から、

他社BB30クランクにROTOR製のBSA30は使用不可です。

(メーカーサイトにも3D+クランク専用品と記載があります)

FSAのアフターバーナークランクにはBB30規格と独自のMEGAEXO規格の2種類がありますが、

そもそもアフターバーナークランク自体が絶版な事もあり、MEGAEXO仕様が入手不可能だった事から、

シ毎タト通貝反にてBSA30規格のRACE FACE製BBを入手し、装着しました。

詳しくは書けませんがこのままではアフターバーナーに合いません。

IMG_5642

 

私の作業と平行してK様が物凄いスピードでパーツを調達して下さったおかげで、

作業は随分スムースです。

何気なくクランクがセットされていますが装着できるよう手を加えてあります。

了承済ですが個人的にグレーなので今後はやりません。

 

IMG_5644

 

今回、作業時間短縮(最速で納車)の為、写真は撮影していません。

ブリーディングに若干手こずりましたが無事解決しました。

普段ロードバイクばっかり触ってますが実はMTBも難なく弄れちゃうらしいです僕。

さらに念の為、言っておきますが当店はただの「中古屋」です。

 

リサイクルショップと提携して買い叩いたバイクを流して1円スタートしている某中古屋が

最近、手数料19%で委託を始めたらしいですが僕みたいなペーペーは足元にも及びません。

出来心で寒波尿路の鯔ポチってみたらホイール2mm程振れたま・・・・・・・

おっと近所にお住まいの方からウィリエールのオーバーホール依頼がありました。本当にありがとうございます。

ブログに作業工程を掲載しますのでよければご覧下さいませ。

 

 

こだわりのパーツを着々と装着し、完成した姿がこちら!!

 

IMG_3878

今回一番のポイントがこちらのクランク。FSA Afterburner(アフターバーナー)

アルミ削り出しによる文句無しのかっこよさ!

取り付けまでに少々難が有りましたが提案して良かったと思う瞬間ですネ。

ペダルはK様によるチョイスです。オレンジのスパイクがフレームカラーとマッチしていますね。

 

IMG_3884

 

サドルはWTBの限定品、BLUE LUGさんの別注モデル、シルベラード camoスペシャル。激レアです!

あわせてハンドルグリップもカモフラカラーを選択!

K様にピッタリの絶妙なアクセントとなりました。

 

IMG_5654

 

ハンドルとステムはTHOMSON(トムソン)のシルバーで統一。

ハンドルバーはなんとチタニウムです・・・・・・・

 

IMG_5655

 

クランクを除くコンポーネントパーツはSLXで統一。

バシバシ決まる変速性能にレバーを引けばガッツリ効く制動力が素晴らしいですね。

XTR、DeoreXTまで手を伸ばさなくても十分満足できる驚異的なコストパフォーマンスを誇ります。

 

IMG_5657

 

フレームは目立つキズがない極上モノに加え、

新品パーツをインストールし、タイヤも交換した事によって、新車の様な雰囲気になりました。

ついでにサスペンションとホイールもやっちゃう~?なんてキケンな相談もしましたが、

状態もよく、正常に動作する事、街乗りメインな事から見送る事となりました。

紹介が遅れましたが純正でROCKSHOXのTORA ソロエアーサスペンションが装着されています。

(納車直後にフォークを一○さんにてFOXのTALASに変更した事が後日判明。笑)

タイヤはコンチネンタルのTown&Countryをチョイス。

ブロック高が低く、街乗りには最適なタイヤと言えるでしょう。

 

IMG_3879

他人とは絶対に被らないパーツチョイスで自分色に染まったスーパーカスタムMTBが誕生しました!

バイクの性能をUPするパーツチョイスは勿論ですが、バイクを魅せるカスタムは私にお任せ下さい。

必ず良い提案ができる筈です。

このバイクはRIZE 5ですが今後はRIZE only 1です。

 

・・・・・・・・ところでK様は一体何台目のバイクでしょうか?

以前当店で委託販売させて頂いたバイクが既に○台・・・・・・・・・笑

本当にいつもありがとうございます。

 

オーバーホールご依頼、その他メンテナンス、カスタムにつきましてはお気軽にご相談下さい。

TEL/FAX   0797-38-5581

メールアドレス info@biciamore.ne.jp

担当 阿藻

 

 

 

 

 

 

 

BICI AMORE 公式販売サイト

サイクルパーツ・ウェアの高価宅配買取

トップへ戻る