ブログ
YOUTUBE

【ロードバイクショップの求人】スタッフ募集!ビチアモの内部事情を大公開。

西社長WRITTEN BY西社長 news

【ロードバイクショップの求人】スタッフ募集!ビチアモの内部事情を大公開。

【ロードバイクショップの求人】スタッフ募集!ビチアモの内部事情を大公開。



■こうちゃん(田所)
今日は社長と対談的な感じでお話をしていこうと思います。
以前にもビチアモーレの魅力を伝えていただいたんですけども、
まだ足りないと!?

◆社長(西)
もっと深いところまで伝えしたいなと思って。

■こうちゃん(田所)
テッシーが質問を投げかけてくれるので
答えて頂きながら僕も答えていこうかと思ってます。
テッシーどんどん質問を投げかけてください!

◎テッシー(豊嶋)
了解しました!それでは早速いきますね。
そもそも、なぜこの対談をしているのかお聞きしたいです。

◆社長(西)
以前の動画ですが内容的は、
「一緒に働いて頂ける方を募集してますよ!」
という動画を撮らせてもらったんですけど
予想以上に募集があってですね。
非常に嬉しかったことと、
ぶっちゃけた話、求人広告とかもやってるんですけど
求人広告で費用をかけるのでいあれば
YOUTUBEで募集したらいいやんって。笑
ちょっとセコい感じですが。笑

あと、前回の動画では緊張していて、
本当はもっと伝えたいところがなかなか伝えれずで。
だいぶ慣れて、今回はざっくばらんなビチアモの良さであったり
逆にちょっとここはっていうところを、
もう、ぶっちゃけたところで色々お伝えしたいなと思ってます。

■こうちゃん(田所)
西さんだからこそ語れることもあるし、
現場で働く僕だから語れる内容もあるので働いてみたい方、
気になっている方は今回の動画見ていただければ
ビチアモの全てが分かるかなと。
ウソや隠し事も無く、良いところも悪いところも
西さんに話していただこうかと思います。
ただ、西さんが言いすぎなところは、僕の方で注意していきます!笑

◎テッシー(豊嶋)
まず、ビチアモーレはどんな会社なのかを具体的に教えて下さい

◆社長(西)
ビチアモーレは皆さんご存知の通り
ロードバイクを買取して販売する事業を主にやっています。
現状、お店を6店舗展開させて頂いてて
オフィスが一つあるんで7拠点です。
福岡、名古屋、芦屋、横浜、麻布、サイクルジャージ店、オフィスの7つで
サイクルジャージ店以外のお店は
ロードバイクの完成車とフレームとホイールを買取し、
そのお店で販売するという形態です。

サイクルジャージ店に関しては、
各店で買い取りした物をサイクルジャージ点に集約して販売しています。サイクルパーツに関しては
ジャージ同様、各店で買い取ったものを
オフィスで管理して販売してるという、
そんな形態で営業してます。

◎テッシー(豊嶋)
社風や雰囲気って西さんはどんな感じに思っていますか?

◆社長(西)
うちのキャッチコピーは、「かっこいいを楽しむ!」なのですが、
やっぱり、そういうカッコいいとか、オシャレとか。
USEDなんだけどそういう要素を取り入れて運営をしております

各店に来ていただいたお客様のお声を頂くんですけど
お店がオシャレとか、カッコいいと評判を頂いています。

社内の雰囲気に関しては自由というか。
小さい会社なのでベンチャー的なところもあるので
ある種、イケイケドンドンな、そんな感じに思っています。

■こうちゃん(田所)
スタッフ同士も仲良かったりしますよね。

◎テッシー(豊嶋)
そんなイケイケドンドンなビチアモですが、
ズバッと年商を教えてもらえませんか?

◆社長(西)
年商って言っていいんですかね?

■こうちゃん(田所)
きっと、大丈夫ですよ!笑
もはや、公表した方が良いかもですね。

◆社長(西)
うちは9月決算なんですけど、去年の9月決算の時で
3億1千万ちょっとが売上です。
今期の9月は予想になるんですけど
4億ちょっとになるかと思います。
 
■こうちゃん(田所)
他の企業さんの年商って、僕は分かってないんですけども
結構、上の方なんですか?

◆社長(西)
そうですね。
トップでは勿論ないですけれども
ロードバイクのUSEDの業界でも
3番目とか4番目とかになるかもしれないですね。

■こうちゃん(田所)
4億は胸張れますね!
俺たちは、ビチアモやぞって笑

◆社長(西)
いやいや、まだまだですよ。笑

◎テッシー(豊嶋)
そんな4億円企業の経営理念などを伺いたいです。

◆社長(西)
経営理念と行動指針とキャッチコピーっていう
この三つを決めてるんですけれども
経営理念に関しては

ロードバイク文化の発展に貢献し
その貢献度に応じて物心が報われる


とさせてもらってます。

行動指針はいくつかあるのですが、
その行動指針をどうやって決めたのか?
っていうのが結構ビチアモらしいなと思ってて。
スタッフの皆で話し合って決めさせてもらってます。
そして、みんなで経営理念や行動指針を決めたら
それがうちの法律みたいな感じで。
僕自身も従う。そういうルールでやらせてもらってます。

■こうちゃん(田所)
全社員が集まって色々と議論をすすめながら
ホワイトボードに書いていて決めてますよね。
その中でも特に西さんが意識している事はありますか?

◆社長(西)
全部意識はしていますが、
その中でも一番は、
「常に敬意をもって自責型」
っていうのが好きと言うか、いつも心がけてることです。

何か物事が起こった時に
人のせいにするんじゃなくて全部自分のせいにする
例えば誰かのミスをした時に
何でお前がミスしてるんだ!!
って言うんじゃなくて自分を責める。
誰かがミスをしたのは、
自分の伝え方が悪かったんじゃないかみたいな。
そういう考え方ですね。
これは、結構、僕の中で意識してますね。

■こうちゃん(田所)
でもそれは、凄い難しい事ですよね。
色々な行動指針がありますが、それを体現していかないと
ビチアモーレでは上にはいけない感じもありますからね

◆社長(西)
こうちゃんは、どれが好きですか?

■こうちゃん(田所)
僕はとりあえずやってみる精神と
自分との約束は死ぬ気で守るですね。
とりあえず失敗してもいいからやってみる。
で、そのやるって決めたことを絶対やる
約束は自分で守るっていうのが一番大事かなと思ってます。

■こうちゃん(田所)
テッシーはなにかある?

◎テッシー(豊嶋)
僕は志は高く腰は低く誠実にですよ。

■こうちゃん(田所)
えっ、志が高い!?笑

◎テッシー(豊嶋)
高いでしょ!笑
はい、次いきますよ〜!
先程、7拠点とお話がありましたが、今後の出店予定はありますか?

◆社長(西)
埼玉の浦和に出店が決まっています。
その次は、千葉県の柏・松戸エリアか、
幕張・千葉市エリアどちらかに出店。
これもほぼ決まっています。
その次は関西で1店舗を考えてます。
大阪かもしくは京都かどちらかになると思いますが、
まずは9店舗を目指しています。

■こうちゃん(田所)
まずは関東を固めてからっていう感じですね。
関東より東はどうした!
ってみなさん思うかもしれないですね。笑

◆社長(西)
仙台はアリかもしれないですよね!
札幌はどうですかね?

■こうちゃん(田所)
視聴者さん多いですけどね。
催事の時もたくさんの方に来て頂きましたよね。
行けるか行けないかは皆さん次第なので、宜しくお願いします。笑

◎テッシー(豊嶋)
次の質問ですが、ビチアモで働く事のメリットはありますか?

◆社長(西)
めちゃくちゃあります!笑
一番はやっぱりロードバイクに対する知識とか
スキルがアップすることです。
理由としては、うちは基本的にロードバイクに関係する商品は
すべて買取りします!っていうスタイルなので
本当にいろんなブランドとか年代の商品が入荷します。
2020年のロードバイクが買取で来たと思ったら
翌日に1980年のロードバイクが来るっていう、
凄く幅広く色々な商品に触れる事ができるので、
知識は間違いなく増えます。

また、新品に近い物からお疲れな物まで
色々な状態な商品が来るので
例えば非常にお疲れの物を、
どうクリーニングして、どうメンテナンスするかを
考えながら作業するのでスキルは非常に上がるのかなと。

■こうちゃん(田所)
間違いないですね。
例えば、mavicのコンポとかが来ることもありますが、
存在を知らない方も多いハズ。
うちだったらそういうマニアックな部分なで
知ることになるので勉強できますね。
でも、ストイックにならないと覚えられないですね。

◆社長(西)
いやー、大変は大変ですよね。
とても幅広いロードバイクの知識が求められるので。
でも、大変かもしれないですけど、
大変さを超えて学んでいければ
大きくロードバイクのスキルアップができると思います。

そして、メリットの二つ目なんですけど
「楽しい」という所です。
ビチアモーレ自体、今どんどん成長してる会社なのですが、
成長している会社って働くと結構、楽しいと思うんですよ。

ドラクエもそうだと思うんですけど
レベルを上げていくのや
成長させるのってすごい楽しいじゃないですか。

例えばレベルが99になってしまうと、
最初は楽しいかもしれないけど、
結局つまらなくなって飽きちゃう。
だから、やっぱ成長してるとかって
楽しいに繋がると思うんです。  

ビチアモは店舗拡大していきますよーとか
店舗拡大した後のその次の展開とかも
スタッフの皆には伝えてるんですけども
そういう形で成長しているから「楽しい」っていうところはあると思います。

■こうちゃん(田所)
成長させる事が一緒にできる会社だと思うので
確かにそこはすごい楽しいですね。

◆社長(西)
会社も成長してるし、人も成長して。
すごい楽しくワクワクするところですね。

そして、三つ目としては福利厚生です。
福利厚生は働く上で大事だと思ってて。
例えば福利厚生の一つとして
社保はもちろん完備してますし、住宅手当だったり、
携帯のスマホ手当があったり、交通費ももちろんですけれども、
珍しいところで行くとスキルアップ手当です。
例えば、自分が勉強するために書籍を買いますよとか、
セミナーに参加しますよっていう時に費用を会社が負担します。

また、休みに関しても、
週休2日で残業も基本的にはないですし
有給についてもきっちり取っていただけるような
仕組みを取らせてもらってます。

■こうちゃん(田所)
本当に福利厚生はすごいので社員には恩恵がありますよね。
そこが厚いので、福利厚生で給料もらってんのかな?
ぐらい充実してますね!笑
でも福利厚生が良くても給料がどうなんでしょう!?

◆社長(西)
そうですね。
メリットの四つめが給与です。
ビチアモーレに関しては
稼げるんじゃないかな?っていうふうに思ってます。
具体的には、ぶっちゃけて言うと、
店長/マネージャークラスで
年収600〜700万円くらい取ってもらっていて。
例えば、芦屋店の店長の銀ちゃんは26歳なんですが、
その年でこれくらい稼げるって言うのは
給料としては高いんじゃないかなって思っています

■こうちゃん(田所)
かなり高いと思いますね。
でも初任給というか入ったばかりだと大体いくらぐらいですか?

◆社長(西)
入ったばっかりだと、月給で大体23万円ぐらいなので
年収としては300万円いくかいかないかぐらいだと思います。

■こうちゃん(田所)
そこに僕は夢があるな!っていつも思っていて。
入社してすぐは300万円いくか?いかないか?
かもしれないですけど一年未満で店長なる人もいますよね。

◆社長(西)
ですよね。
成果を出して認められればすぐに評価される会社ですもんね。
ちなみに最短で店長なったのは誰でしたっけ?笑

■こうちゃん(田所)
半年の私でございます。笑
私を超えて頂きたい!!笑
でも、一年で600万円まで上がるというのは、
初年度のほぼ倍なのでそこを考えると夢しかないですよね。
でもまだまだですよね?

◆社長(西)
今の目標というかみんなにも伝えてるんですけど
店長クラスとかマネージャークラスは
年収一千万円を目指したいと思ってて。
やっぱり夢があるじゃないですか。

■こうちゃん(田所)
それを自転車業界で取れたら、夢しかないですね。

◆社長(西)
そこを目指したいですね!

◎テッシー(豊嶋)
でも、こんな質問するのもアレですが・・・
自転車屋さんのになんでそんなにビチアモは稼げるんですか?

◆社長(西)
さすがテッシー、いい質問ですね。笑
例えば、うちのメインは買取して販売なんですけれど
買い取りする金額と販売する金額、つまり利益っていう、
本当は隠したいところも、今日はお話しますね。

例えば、完成車を買い取りして
販売する時の利益率はバイクにもよりますが、
大体20%〜30%の利益を取らせて頂いてます。

どういうことかと言うと
うちが10万円で販売してるロードバイクって
買取金額がおおよそ7万円〜8万円ということです。
一般的な「小売/物販」で考えたら
そんなに利益を取ってるわけではないと思うんですね

■こうちゃん(田所)
もはや低いくらいじゃないですかね?

◆社長(西)
業種にもよるので一概には言えないですが、
それほど利益率は高くないと思います。
それにも関わらずなぜみんなが稼ぐ事ができるのかと言うと
回転率を非常に高くしていて。
もっと具体的に回転率というのはどういうことかというと
「買取をしてから販売するまでの時間」を
むちゃくちゃ早くしているところに秘密があります。

■こうちゃん(田所)
確かに回転率は凄いですよね。
動画撮影して投稿するまでの間に売れてしまいますもんね。

◆社長(西)
具体的に言うと、うちは大体24回転という回転率です。
24回転というのは大体2週間で商品が売れますよっていう感じです。
買い取ってすぐに商品化して、すぐに買っていただく。
そんなモデルでやらせてもらっています。
買取から販売までのスピードを上げるためには、
ロードバイクのメンテナンスのスキルであったり
ロードバイクの知識であったりというのは
それぞれのスタッフがすごい高めていかないといけないですし、
私たちに信用がないと買って頂く事は出来ないと思うんで
その辺は非常に徹底して取り組んでいるところです。

■こうちゃん(田所)
査定の目利きとかも強いですよね。

◆社長(西)
そうですね。目利きも大事ですね。
ちゃんと整備してちゃんとクリーニングしたバイクを
1日に1台こなすんじゃなくて、1日に3台とか5台とかを
こなしていけば単純に3倍とか5倍とか給料取れるんじゃないか?
というそういう発想が元々あってですね。
それが出来る為の仕組みとかスタイルは社内に充実してると思います

◎テッシー(豊嶋)
ハイクオリティでハイスピードが求められる会社ですね。
そんなビチアモが求める人材を具体的に知りたいです。

◆社長(西)
まずは、ロードバイクを好きな人が絶対条件になると思います。
もっと言うとロードバイクを夢中になれる人。
夢中になっているというのは、
晩ごはんを食べた後に寝るまでの間
この時間に何をするか?っていうことだと思うんですよ。
ロードバイクに夢中になってる人って
この時間でロードバイクのことを調べたりとか
自分のロードバイクを整備してみたりとかに使うと思うんですね。

でも、夢中になっていない人って、
その時間で違うことをしていますよね。
初めてロードバイク業界に飛ぶこむ方に関しては
夢中になってないと、ちょっとしんどいかなと。

ある程度スキルであったりとか知識がある方は
逆にそこまででじゃなくてもいいと思うんですけれども、
初めてっていう方に関しては
夢中になってる方っていうのは第一条件になると思います。

■こうちゃん(田所)
ロードバイクに乗るのが好きなんだよね。
だからロードバイク屋さんをやりたい!
ってなると、まず続かないですね。

◆社長(西)
ロードバイクに乗るのだけが好き
って方はちょっと難しいかもですね。

■こうちゃん(田所)
その通りだと思います。
ロードバイクに乗るのが好きと
ロードバイクが好きって全く別物なんですよね
切り離して考えたほうがいいですね

◆社長(西)
乗るの「も」好きだったら良いですよね。

■こうちゃん(田所)
僕なんかめちゃめちゃ良い例だと思います。
乗るのはあまり好きじゃないけどイジるのは好きみたいな

◆社長(西)
そういえば、芦屋店長の銀ちゃんが
採用面接の時に応募していただいた方に面白い質問をしていて。

仮に、ココに100万円があるとします。
もし、この100万円をあげますと言ったら何に使いますか?
って質問していたんです。
 
その時に応募者の方が
ロードバイクに関係する使い方をするんであれば
多分、夢中になってると思うんですね。

ちなみにその時に面接を受けていた方は、
60万円ぐらいするスポークカッター(工具)を
買いますっておっしゃっておられたんですが、
まさにそれが夢中になっているという事ですよね。
例えば、ロードバイクに関係のない物を買いますだったり、
投資しますっていうのだと
多分、夢中になってないかと思います。

■こうちゃん(田所)
ちなみに西さんだったら何を買いますか?

◆社長(西)
投資します!笑

■こうちゃん(田所)
僕はマイホームのローン返済に当てます!笑

◎テッシー(豊嶋)
夢中になってない人達がいる!笑
他にもどんなところが求められますか?

◆社長(西)
自分自身のファンを獲得できる人
っていうのがうちが求めてる人材です。
今の世の中、商品って基本的には
どこで買っても高いクオリティですし
正直、そこまで値段も変わらない状況の中で、
何でお店を選ぶのかっていうのを考えた時に

こうちゃんから買いたいとかテッシーから買いたいとか、
人の部分で差がでてくると思うんですね。
うちはそこで違いを出していきたいと思ってて。

それを考えていくと、
ファンづくりができる方、
その動きを取り入れて頂ける方を募集してます

■こうちゃん(田所)
まさにちゃんと個性を出せる人ですね。
今は個性の時代にもなってきてるので
その個性をどこまで出せるかは、
すごい大事なところかなと思いますね。

◆社長(西)
あとは発信も必須です。
youtubeにしてもそうなんですが、
それ以外の媒体で例えばインスタやブログとか。
何で発信するかっていうのは問わないんですけど、
発信っていうのも得意だとうちでは活躍できますね。
すごい良いキャラでも伝えないと埋もれちゃうので。

■こうちゃん(田所)
発信も怖い部分もいっぱいありますけど、
使い方間違えなければすごくいい事ですよね。

◎テッシー(豊嶋)
ちなみに、応募の年齢制限とかはあったりするんですか?

◆社長(西)
年齢の制限はないんですけれども若い方。
年齢じゃなくて気持ちが若いという意味です。
僕は今、40歳なんですけど(片足オジサンに突っ込んでる)
自分で言うのはおこがましいですが、
20代くらいの若さというか何にでもチャレンジしますし、
知りたいっていう欲求が高いので
自分では若いと思ってます。

なので年齢的な制限はないんですけど
気持ち的なそういう感じで
若くないとちょっとしんどいかな
っていうふうに思います。

■こうちゃん(田所)
年齢とか見た目とかではなくて、精神的な若さですね。
でも、それが結局、見た目の若さにも繋がってくると思います。
西さんも40歳には見えないですからね笑

◎テッシー(豊嶋)
私からの質問は以上ですけど、
こうすさんは、何か無いですか?

■こうちゃん(田所)
給料とか欲しい人材のお話を頂きましたが、
僕はビチアモには厳しい所もあると思っています。
なので、厳しさについて聞いていきたいです。

◆社長(西)
例えば、言われたことだけをやってればいい
っていう会社さんもあると思うんです。
でも、うちはそうじゃなくて
言われたことができるのは当たり前で
さらにその次のステップとして
考えての提案を求められたり、
新しい事に対して取り組めたか?
とかっていうところを求めます。
それがなかなかちょっと苦手
っていう方に関しては厳しい環境ですね。

■こうちゃん(田所)
例えば先ほど店長クラスは現状、年収600〜700万みたいな
お話になってましたけどもそのぶん厳しいですよね?

◆社長(西)
そうですね。
やっぱり店長は数字やってナンボみたいなのは、
どうしてもあるんで。
数字に対する責任を持ってもらっているので
もし、いかなければプレッシャーで結構しんどいと思います。

■こうちゃん(田所)
プレッシャーのかかり方が尋常じゃないですね。

◆社長(西)
でもそれを乗り越えれば評価もされますし、
自分の経験であったりとかスキルであったり、
成長できる部分もあると思います。

■こうちゃん(田所)
プレッシャーにも立ち向かって
どんどん行動して、成果を出す(ロードバイク業界に貢献する)
そうじゃないと良いお金はもらえないですね。
その他、最後に言いたいことがあればお願いします。

◆社長(西)
ビチアモーレを本当に大きくしたいなと思っています。
その為には、僕たちの価値観に近い人たちと
一緒に成長しつつ会社を大きくしていく
っていうのが絶対必要だと思います。
今日の話を聞いて頂き自分に合ってるな、
ここでは活躍できそうだなという風に思われる方は
是非ご応募ください。
面接や採用基準は厳しいですけれど
一緒に働ける方と一緒にロードバイク業界を
もっともっと盛り上げていければと思っています。

■こうちゃん(田所)
社長面接なのか店長面接なのか
個性豊かな店長と面接ができるので
アトラクション的な感覚でご応募ください。笑


—————-

西、田所、豊島の対談は、いかがでしたでしょうか。
ご応募をご希望の方は下記よりお申し込みくださいませ。
ご応募お待ちしております。

応募はコチラ

記事一覧に戻る