ブログ
YOUTUBE

ロードバイクのホイールの買取相場と高く買い取ってもらうコ【ロードバイクの買取専門店ビチアモーレ】

ビチアモブロガー・伊藤WRITTEN BYビチアモブロガー・伊藤

blog

ロードバイクのパーツの中でも乗り味や走行性能に最も大きく影響を及ぼすのが「ホイール」。
当店でも買取の依頼が多い人気のパーツとなっていますが、完成車にはコストダウンのためにエントリーグレードのホイールが装着されていることがほとんどで、ここをグレードアップしてあげると普段のライドをワンランク上げてくれること間違いなし。
また、フレームの次にサイズが大きく、デザイン面でもインパクトの強いパーツの為、バイクカラーとうまく組み合わせればロードバイクの雰囲気をグッと引き締めることができたり、イメージを変えたり自分好みにカスタマイズする事が可能です。
クイックリリースを外せばカンタンに交換できるので、自宅にバイクの台数以上にホイールが転がっていて、長く使っていないホイールもいくつか…なんていう方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方は、お早めに売却して現金化するのがオススメですが、
ロードバイクの買取専門店の BICIAMORE(ビチアモーレ)では、ロードバイク用ホイールの高価買取を好評受付中。

今回はホイールについて、そもそもどういう構造でどういう特徴があるのか?
人気のホイールブランド・やホイールを高く売るコツについて解説していきます。
不要になったロードバイクのホイールはビチアモーレに売却して、新しいアイテムを買う資金にドウゾ★

目次

  1. ホイールを構成しているパーツとそれぞれの役割・トレンド
  2. ホイールの人気ブランドとモデルの買取相場
  3. より高く売るために!高価買取のコツ
  4. ホイール買取の際の注意点
  5. ロードバイク ホイール買取の流れ
  6. ビチアモ的サイクルパーツ買取Q&A

★ホイールを構成しているパーツとそれぞれの役割・トレンド★

・リム

リムはホイールの外周部分のパーツ。ホイールの性格を一番決める部分といっても過言ではなく、エアロ性能を重視し巡航性能を上げるのか、軽量性を重視し走りの軽やかさをを上げるのか、それともどの能力もバランスよく仕上げるのかといった方向性を決めているようなパーツです。

今では加工技術の向上・低コスト化によってカーボン素材のリムが主流。リムハイトを上げても極端な重量増にならず、かつ造形をかなり自由にコントロールできる点からエアロダイナミクスに優れつつも軽量なホイールが多いです。

ただ低コスト化が進んだといっても、コストパフォーマンスではアルミリムに軍配が上がります。ローハイトのホイールであれば重量はさほど変わらず、ブレーキもしっかりと効く上にクラックの心配も不要なため、ガシガシ使うならアルミリムもオススメ。

従来はリム幅15Cのナローリムだったものが現在は17C以上のワイドリムになっているのも最近のトレンドです。

スポーク

リムがホイールの方向性を決めているパーツならば、スポークはホイールの乗り味を調整しているパーツ。基本的にスポークの本数が多いほど、多くの手でリムをゆるく支えることができるので耐久性がよく、また体に優しい乗り味に仕上げることができます。逆に本数を絞ることで、一つ一つの手で強くリムを支えることで軽量化しつつも反応性を上げるなど、スポークの本数や向き・素材によってホイールの乗り味をコントロールしています。

形状としては丸スポークが一般的ですが、エアロダイナミクスが重視されている昨今ではスポークの本数を最低限まで減らし、かつ扁平したエアロ形状に仕上げているのがトレンド。

もちろんエアロ性能を高めたものだけでなく、極太のアルミスポークを採用して剛性を底上げしたレーシングゼロ、 太めのカーボンスポークを用い軽量化&振動吸収性UPを行っているR-sysなどがあります。

・ハブ

ハブはホイールの中心部分・フレームと接続しホイールの回転をつかさどるパーツです。主な役割としてはスポークパターンの決定と、ハブ内のベアリングによる駆動抵抗の低減があります。

ホイールというとどうしても重量やリムのスペックに目が生きがちですが、ハブもとても大事なパーツ。特にハブ内のベアリングの善し悪しは走行時の駆動抵抗に大きく影響しています。登りなどで低速になればなるほど空気抵抗と比べて駆動抵抗の占める割合が大きくなるため、ヒルクライムを速くなりたい!という方はハブについてもしっかりと確認してみてはいかがでしょうか?

・チューブラー

リム部分のタイヤタイプその①。最も古くからあるタイヤタイプで、インナーチューブをタイヤケーシングで覆い、リムに対してリムセメントと呼ばれる接着剤や専用の両面テープでホイールと接合する構造をしています。

メリットとしてはリムの構造が単純化できるため、リムの軽量化が可能で軽やかな乗り味を出せることです。また、タイヤ自身もチューブと組み合わせて設計できるため、しなやかな乗り味で高い性能を持っています。

デメリットとしてはタイヤをリムに接着するという点から、タイヤ交換に手間がかかる点。パンク対策としては交換用のタイヤを携行するしかないため、荷物もかさばり出先での修理も難しい点ですね。

ちなみに1980年代までのヴィンテージバイクには、ほとんどのバイクに装着されているのがこちらのチューブラータイプです。

・クリンチャー

タイヤタイプその②。ロードバイク問わず自転車用タイヤの中でも最もポピュラーなもので、ママチャリやミニベロ等の自転車もこのタイプであることがほとんどです。リム内側の溝にタイヤ両端のビードを引っかけ、リム内に収めたチューブを空気で膨らませるという構造をしています。

メリットとしては何と言ってもその取り回しの容易さ。出先でのパンク修理も、タイヤからチューブを引き出して交換するだけで簡単に修理できます。またタイヤ・ホイールともに種類がかなり豊富なのも利点ですね。構造がシンプルなためハイエンドモデルでも価格が安く、コストパフォーマンスが高いのも魅力の一つ。

デメリットとしてはチューブが中にある分、タイヤとの摩擦によって抵抗が発生してしまう点。また、タイヤ内の空気圧が低圧の場合、リム打ちパンクを起こしやすいです。

・チューブレス

タイヤタイプその③。チューブレスはその名前の通りチューブを必要とせず、構造としてはクリンチャーと似ています。クリンチャーは空気の保持にチューブを用いていますが、チューブレスはタイヤとリムの間の密着させることで空気漏れを防ぐという構造をしています。

メリットとしてはタイヤ内のチューブが無いため、摩擦抵抗が少なく転がりが軽く感じられる点ですね。空気圧を低めに設定できるため乗り心地も良くなります。またパンクにも強く、リム打ちパンクや異物を踏んだ際に急激に空気が減りにくい、というのも利点。出先でパンクしたとしても、少さめの穴であればシーラントが塞いでくれますし、一時的にチューブを入れることによってクリンチャー化することもできます。

デメリットとしてはタイヤが嵌めにくいこと(MAVICのUSTシステムなど改善はかなり進んでいますが)、値段が高価なことでしょうか。とはいえクリンチャーの利便性を持ちつつ高い走行性能・乗り心地を持つチューブレスは今のホイールのトレンドにもなりつつあり、今後ますます増えていくものと考えられます。

★ホイールの人気ブランドとモデルの買取相場★

Campagnolo(カンパニョーロ)

コンポーネントでおなじみ、イタリアの老舗メーカー・カンパニョーロ。軽量性・エアロ性能・価格・デザイン面などトータルバランスが非常に高いのが特徴。硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な乗り味で、サイクリングからレースまで走りを支えてくれます。

<<カンパニョーロ・人気モデルとその買取相場>>

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・BORA ULTRA 35 (ボーラウルトラ 35) AC3モデル … 12万円〜15万円
・BORA WTO 45 (ボーラ WTO 45) … 11万5000円〜15万5000円
・SHAMAL MIL(シャマル ミレ)17C … 4万円〜7万5000円
・ZONDA(ゾンダ)17C … 1万5000円〜2万8000円

※実績値
買取をした際の実際の買取価格となります。グレードや状態、サイズによって買取価格は異なります。また中古相場は日々、変動しております。(以下の買取価格は全てこちらの実績値となります)

FULCRUM(フルクラム)

フルクラムはカンパニョーロの姉妹会社で、リムやハブなどでも同じようなパーツが多いです。ただスポークの組み方を変えることで、ホイール全体の剛性をUP。速く走れるようになりたい、勝ちたいというレース志向のユーザーにはこちらのほうがオススメです。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・RACING ZERO NITE(レーシングゼロ ナイト/レーゼロ ナイト)17C … 3万円〜5万円
・RACING QUATTRO CARBON(レーシング クアトロ カーボン) AC3 C17 … 4万5000円〜6万5000円
・WIND 40 DB(ウィンド 40 DB )19C … 8万円〜10万5000円
・SPEED 40C (スピード 40C) AC3 17C … 12万円〜15万円

Shimano(シマノ)

言わずと知れた国産コンポーネントメーカーのShimano。ワールドツアーチームをはじめとするプロ選手の過酷なレース環境にも数多く投入されるなど、日本企業らしい高い耐久性・堅実な乗り味が特徴です。またコンポーネント同様、メンテナンスパーツの入手が用意なのもメリットですね。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・DURA-ACE (デュラエース) WH-R9100-C40 … 3万5000円〜5万円
・DURA-ACE (デュラエース) WH-R9170-C60 DISC … 12万円〜15万円
・DURA-ACE (デュラエース) WH-9000-C24 … 1万5000円〜2万8000円

MAVIC(マビック/マヴィック)

ホイールメーカーとしての深い歴史・伝統を持っているのがこのMAVIC。レース機材としての実用性を追求し、奇をてらわず高性能・耐久性の高い王道なホイールを数多くラインナップ。また、堅実なモノづくりだけでなく「UST」としてチューブレス用リムのスタンダードを作るなど、常にレースシーンにおける第一集団を走り続けています。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・KSYRIUM PRO (キシリウム プロ) UST … 3万5000円〜5万円
・COSMIC PRO CARBON (コスミックプロカーボン)SL UST … 7万円〜10万円
・COSMIC ULTIMATE(コスミックアルチメイト) … 10万円〜15万円
・MAVIC iO RIO (イオ リオ)バトンホイール … 23万円

ZIPP(ジップ)

エアロホイールの先駆者として名高いのがこのZIPP。カーボンホイールのラインナップがメインですが、ゴルフボールのようにディンプルをリム上に作ることで、空気の流れを整えエアロ性能を向上しています。またカーボンリムについての造詣も深く、リムに特殊加工を施しブレーキ性能を向上させるなど、欠点が少なく完成度が高いモデルが多いです。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・303 Firecrest … 8万円〜12万円
・303 NSW … 12万円〜15万円
・404 NSW … 12万円〜15万円

LightWeghit(ライトウェイト)

ロードバイク乗りなら一度は使ってみたい憧れのホイールNo.1。ハブ・スポークまでカーボンで製造されたそのホイールは圧倒的な軽量性と、圧倒的な剛性を持ちますが、その分価格も圧倒的。
お世辞にもコストパフォーマンスが高いとは言えませんが、それを補って余りある性能の高さから「ここぞ!」というレースやヒルクライムにおいて多くの強豪ホビーレーサーに愛されています。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・MEILENSTEIN OBERMAYER(マイレンシュタイン オーバーマイヤー) … 15万円〜20万円
・MEILENSTEIN(マイレンシュタイン) … 13万円〜18万円

ENVE(エンヴィ)

ロードバイク乗りなら一度は使ってみたい憧れのホイールその2。
何と言ってもENVEは削り出しで作成するカーボンリムの精度の高さが魅力。高いエアロ性能・軽量性・耐久性を持っているのはもちろん、非常に美しい造形を誇っています。またリム単体での販売も行っており、手組ホイールとして自分の好みの乗り味に仕上げることも可能です。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・SES 3.4 … 9万円〜14万5000円
・SES 4.5 … 8万円〜14万5000円

ROVAL(ロヴァ―ル)

スペシャライズド傘下のホイールブランドですが、同社の研究データ・風洞実験施設・プロ選手のフィードバックを生かし「勝ちにつながる」ホイールを量産し続けています。また、1㎜単位でハイトの異なるリムやハブに至るまで徹底的に風洞実験を行い、エアロ性能が非常に高いモデルが多いです。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・Rapide CL50 … 8万5000円〜12万5000円
・Rapide CLX50 … 11万円〜16万円

BONTRAGER(ボントレガー)

ボントレガーはTREK傘下のホイールブランドですが、スペシャライズドと同様に研究データやプロ選手のフィードバックを生かした実用性の高いホイールが多いのが特徴。
入門モデルからカーボンホイールまでラインナップ数が多いのも魅力の一つです。特にカーボンホイールはリムハイトごとの種類が多く、超軽量なローハイトホイールからエアロ性能抜群の超ディープリムまで好みに合うものを選べますよ

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・Aeolus (アイオロス) XXX 4 DISC … 11万円〜13万5000円
・Aeolus (アイオロス) XXX 6 DISC … 10万円〜13万円

FFWD(ファストフォワード)

FFWDはオランダのホイールメーカー。カーボンホイールとしての基本トレンドは抑えつつも、非常に高いコストパフォーマンスを誇っています。
極端な軽量性や圧倒的なエアロダイナミクスといった尖った性能はあまりありませんが、初めてのカーボンホイールにはもちろん、レース志向のユーザーもしっかりと満足できるだけの高いスペックを持っています。

ビチアモ買取価格/買取相場(※実績値)
・F3R-FCC … 4万円〜7万円
・F4R-FCC … 4万円〜7万円
・F6R チェレステ … 3万円〜7万円

★より高く売るために!高価売却(買取)のコツ★

買ったときには高かったロードバイクのホイールでも、使い方や管理の仕方によって、価値が下がってしまう事も…いい条件での売却/リセールを狙うのであれば、日頃から丁寧に管理し、異常が無いかチェックしておく事も大切です。

→リムブレーキタイプのモデルは早めの買取依頼を!

今では大手メーカーを筆頭にホイールのブレーキの規格は「ディスクブレーキ」が主流になりつつあります。そのため、リムブレーキタイプのホイールの価値はかなり高い確率で下がっていくと考えられます。現状はリムブレーキのユーザーもまだまだ多く、一定の需要があるためそれほど大きく値崩れはしていませんが、今後を考えればお早目の売却がオススメです。特に現在主流のワイドリムではなくナローリムタイプのホイールはその傾向が顕著に現れています。

→完成車外しのホイールも買取可能です

完成車として販売されているバイクには、コスト調整の為にエントリーグレードのホイールが装着されている事も多いです。そんな、いわゆる「鉄下駄ホイール」からグレードアップされた方も多いはず。完成車に装着されていたエントリーグレードのホイールをどうしようかとお困りではありませんか?
そういったホイールもビチアモでは買取可能です。特にシマノ11s対応のホイールはエントリーグレードでも例えば練習用や室内のローラー用など一定の需要がある為、買取可能です。

また、2台目の乗り換えなどで最初から完成車付属のホイールではなく手持ちのものを使う、という場合は是非、未使用のままでのご売却をお勧めいたします。自宅までの僅かな走行であっても、「未使用品」から「中古」となってしまう為、どうしても価値が下がってしまいます。

→クイックリリース等、付属品は全て揃っていますか?

もちろん、欠品していても買取可能ですが、クイックリリース・ホイール専用工具・専用ブレーキシュー・チューブレスバルブ・ホイールバッグ・リムテープ・説明書・保証書などなど、付属品の有無で査定額は変わります。できるだけ捨てずに保管しておくことが高額査定のコツです。

→新モデルの売却を検討している場合はお早めに!

新モデルを買ったはいいものの、あまり気に入らず売却を検討している…という場合はお早目の売却がオススメです。新モデルの場合、中古市場にほとんど出回らず希少性が高くなるため、かなりの高価買取が可能です。時間が経つにつれ希少性が失われてしまいますので、早めのご決断が吉です。

→チューブラーの場合、リムセメントのクリーニングを!

タイヤをリムに直接接着するチューブラーホイールは、どうしてもタイヤ交換の際などにリムセメント・テープの痕が残ってしまい汚くなってしまいがち。
このクリーニングをしっかりと行うことでメンテナンススタッフの作業短縮に繋がり査定額UPにつながります。

→タイヤ・スプロケットを装着したままでも買取可能です

ホイールを売却したいけどタイヤ・スプロケットを外すのが面倒くさい・工具を持っていない…そんな場合はぜひスプロケット・タイヤ付きのままご依頼ください。もちろんホイール本体に加えて、タイヤ・スプロケットについても買取額を加算した上で査定いたします。特に人気のデュラエースのスプロケットやコンチネンタルのグランプリシリーズのタイヤなどが装着されている場合、予想よりも高額査定になった!という声もよく頂きます。


★ホイール買取の際の注意点★

振れ取りなどのメンテナンスは無理にしなくてOK

買取依頼に出す際、無理に振れ取り・センター出し・玉あたり調整などのメンテナンスは無理にしなくともOKです。もちろん状態が良いに越したことはありませんが、不慣れなまま振れ取り等をしてしまうと、さらに状況が悪化したり、 スポークの破断などホイール本体を破損するリスクがあります。多少の振れ・センターズレなどはビチアモの有資格メカニックがメンテナンスを施工いたしますので是非お任せください。

ハブに関しては、分解・洗浄まではせずともOK

ハブに関しても内部までのグリスアップ・洗浄は無理にせずで構いません。こちらも振れ取り等と同様、分解や組付けの際の破損リスクや、細かいダストシールの紛失につながる恐れがあります。フリーボディ等、オイル汚れのつきやすいハブの外側部分をパーツクリーナー等で軽くクリーニングしてあげればそれでOKです。

購入時の付属品は捨てずに保管を!

購入時の付属品は、一式で保管をお願いいたします。チューブレスバルブ、独自スポーク用の工具であったりと、付属品についてはそのホイール専用品であることがあります。買取の際にも付属品の有無については確認しますので、購入の際はもちろん、梱包の際にも漏れがないようご注意ください。


★ロードバイク ホイール買取の流れ★

▶ビチアモーレ各店へのお持ち込み

 ご売却を検討している商品があれば、最寄りの店舗までお持ち込みください。
 サイクルパーツ・サイクルアパレルのお買取りは全店共に即日可能です。
 お取引は最短その場~当日中に完結。一点からでもお気軽にどうぞ。
 買取金額10万円以下であれば、現金でのお渡しが可能です。
 各店舗の所在地、営業情報は以下のリンク先をご確認ください。

 ⇒ショップインフォメーション

 ※店内混み合う事ございますので、
 事前にご予約いただけますとスムーズです。

▶かんたん宅配買取・無料web査定のお申し込み

ホイール・フレーム・完成車等の大型商品に関しては送料の関係上、事前に無料のかんたん査定を行った後、査定金額にご了承いただける場合に買取用の段ボールをお送りしております。

ご売却を検討している商品があれば、下記リンクよりWebかんたん査定・LINE査定にて商品のモデル名・画像をお送りくださいませ。

宅配キット代金・送料・手数料、査定料などはすべて無料でお代は頂いておりませんのでご安心ください。また、全国対応しておりますので沖縄・北海道の方もお気軽にご相談いただければ幸いです。


★宅配買取時のホイールの梱包方法★

①ビチアモーレでは送料無料で買取用段ボール・ホイールバッグ等の買取キットをお送りしております。では、梱包していきましょう!

②まずはホイールからクイックリリースを外しましょう。クイックリリースがついたままだと、互いのホイールが干渉して傷が入ったり、段ボールが破れたりするので必ず外して梱包しましょう。また、ハブのエンド部分にキャップをはめ込むことでさらに傷が防止できます。

②次はホイールのハブ部分をプチプチでしっかりと覆います。外れてしまわないようにマスキングテープ等のテープで留めておきましょう。

③ホイールバッグがある場合は、そのままホイールバッグに入れてあげればホイール本体の梱包は終了です。ワイドタイヤの場合チャックが閉まりきらない場合があるので、その際は軽く空気を抜いてあげましょう。

④外したクイックリリースは、画像のように軽くプチプチでくるんであげればそれでOKです。ホイールとの同梱を忘れないようにご注意を!

ホイールバッグなしで梱包をする場合は、画像のようにホイール全体を覆うようにプチプチをかぶせましょう。リム部分のプチプチが厚くなるように、ホイール外周にそってプチプチを巻き込んであげればOKです。

記事執筆:伊藤 守

★ビチアモ的サイクルパーツ買取Q&A★

Q.初めての売却を検討しています、取引はどういった流れになりますか?
 A.ビチアモーレ各店への直接お持ち込みの場合
 売却希望のお品物を持って、最寄りの店舗までお越しください(お電話にて事前の予約を頂きますとスムーズなご案内が可能です)。商品の点数にもよりますが、最短その場でスタッフが査定額とその詳細をご説明致します。
 金額にご納得いただけるようでしたら、買取申込書にご記入の上、身分証(免許証や保険証)のコピーを頂きます。その後、即現金のお渡し・又はご指定の口座へのお振込みを行います。
 以上にて来店でのお買取りは完了となります。

 A.かんたん宅配査定をご利用の場合

 ホイール・フレーム・完成車等の大型商品の場合、まずはWebの事前査定・LINE査定にて大凡〇万~〇万といった買取額を掲示させていただきます。

 そちらの金額内での買取にご納得いただけるようであれば、梱包資材をお送りいたします。宅配買取用オーダーフォームにて、お客さまの情報をご記入ください。

即日~翌営業日までに、担当店舗より無料買取キットをお送り致します。
 ご自宅に買取キットが到着次第、売却希望のお品物を梱包ください。
※封入の買取申込書への記入と、身分証のコピー(データでお送りいただくことも可能です)の添付をお忘れなく。
 同封の返送用の伝票を梱包資材に貼り、集荷案内用紙に沿って、運送会社のドライバーさんにTEL。商品をビチアモーレまでご返送ください。
 商品が店舗に到着次第、査定金額をメール致します。金額にご納得いただけるようでしたら、ご指定の口座へのお振込みを行います。ご納得いただけません場合、送料無料で返送致します。
 以上にて宅配でのお買取りは完了となります。

Q.他店で断られた商品でも買取が出来ますか?
 
A.ロードバイク関連のお品物であれば可能です!
 ロードバイクに関する商品であれば、他社のリサイクルショップさんや、売買のみを行っているサイクルショップさんでは断られてしまうような物であっても、買取対象とさせて頂けます。

 「どこの業者でも一緒」だと思ったら大間違い。本気でロードバイクに取り組んでいるプロ集団だからこそ出来るサイクルパーツの高価買取。是非ビチアモーレまでご依頼ください。

Q.買取が出来ないケースはありますか?
 A.非正規品、また、破損品はお買取りが出来兼ねます。
 来店買取の場合はお該当商品持ち帰り頂くか、当店にて破棄させて頂きます。
 宅配買取の場合は着払いにて返送、または当店にて破棄させて頂きます。

 A.ご依頼者様が未成年の場合、保護者様の同意が必須です。
 20歳以下のお客様とのやり取りは、古物買取の規約上、別途、保護者同意書また身分証の提示が無い場合、お買取りが出来兼ねます。保護者同意書をご希望の際には事前にお申し付けください。

Q.自分で売った方が高くなるのでは?
A.一概にはそうと言えません。
 古今人気のフリマアプリ売買ですが「販売金額」で見ると、ショップに売却するより断然高額なのは確かです。しかしながら「利益」の観点で見ると如何でしょうか。
 フリマアプリやオークションサイトでの必要経費として、平均1割の販売手数料、梱包資材代、配送料金などが掛かります。場合によっては税金の申告が必要なケースも。
 そのほか
出品データの作成や、コメントのやり取りの手間、売れるまでの商品の保管、トラブルのリスクなどなど考えると、メリットばかりとは言い切れません。
 ケースにもよりますが、高額な商品や大量の商品を抱えている場合は、プロショップに売却するほうが「結果的に費用対効果が良い」のは間違いありません。


★ビチアモの買い取りをご利用されたお客様のお声★

 他のチェーン店のサイクルショップだと、事前の見積もりからどんどん粗を探されて減額になっていくのがストレスだが、ビチアモーレだと最初からずばっと買取額を出してくれるのがいい。スタッフがとにかくロードに詳しいのも安心なポイント。
 都内在住 Y.Fさん 40代 男性

 これまでは宅配買取を何度か利用していましたが、元町中華街に横浜店が出来たので、今はそちらに持ち込んでいます。要らなくなったコンポやパーツを下取りして貰って新たなバイクを買うなど、臨機応変な対応をして貰え、非常に助かっています。
 横浜在住 A・Kさん 40代 男性

 お世話になります。先日は有難うございました。
 ロードバイクのパーツは重いしかさばるし、捨てようにも面倒でしたから、買取キットを自宅まで送って頂けるのは非常に助かりました。ついでにサイクルジャージも買い取って頂けました。また利用させていただきますので、よろしくお願いします。(いつかお店にも行ってみたいです!)
 福岡在住 K.Oさん 20代 女性

 西社長が芦屋に居た時からの長い長いお付き合いです。いつも無茶言ってすみません笑。
 買ったはいいけど結局使う機会のなかった物は全部ビチアモさんにお任せしています。今はメルカリとかもあるけど、トラブルが怖いし、何よりめんどくさい。
 ビチアモさんは買取にしろ販売にしろ間違いないクオリティのショップさんです。今後ももっと仲間に宣伝しておきます笑。
 芦屋在住 M.Iさん 50代 男性

 お電話で依頼した時もすごく感じがよくて、キットもすぐに送られてきたのでスムーズでした。査定も一点一点丁寧にしてくださっていて安心できました。 愛着のある商品だったので、嬉しかったです。
 都内在住 S.Aさん 20代 男性

◎プロショップだからできる安心確実なサイクルパーツ買取◎

ビチアモーレは「ロードバイク好きによる」「ロードバイク好きの為」のプロショップ。
2020年現在 国内に6店舗を構え、売買のみらず車体のメンテナンスや組み付け、セミナー・イベントなどロードバイクに関わる多種多様な取り組みを行っております。

買取実績は最新コンポーネントからビンテージパーツまで、100,000点以上。

自転車整備士・安全技師・SBMの資格を持ったメカニック、サイクルパーツやアパレルに精通した、自慢のスタッフ達が、皆様の大事にされていたアイテムを一点一点確認した上で、どこよりも高く適切なお値段をつけさせて頂きます。

パーツ・アパレル・完成車・ホイールなど、
ロードバイクに関するもののお買取りなら、何でもご相談ください。


ロードバイクの買取委託販売プロショップ ビチアモーレ

<<MAIL>>
info@biciamore.jp

<<フリーダイヤル>>
0120-551-819

<<お問い合わせフォーム>>
https://biciamore.jp/contact

⇒ショップインフォメーション

大口の出張依頼、企業様の在庫処分など特殊なご依頼も臨機応変に対応致します。
ご不明な点あれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。
1営業日以内に担当店舗より折り返しご連絡させて頂きます。


ロードバイクの買取委託販売プロショップ
BICIAMORE(ビチアモーレ)

<<運営会社>>
社名:株式会社BAインターナショナル
代表者:西 真也
所在地:兵庫県芦屋市清水町9-11 ナガイビルレジデンス芦屋1階
事業内容:ロードバイクの販売、買取、委託販売、輸入等取得許可
企業理念:ロードバイク文化の発展に貢献し、会社の成果と個人的の成果に応じて物心が報われる
キャッチコピー:カッコイイを楽しむ!
古物商許可番号:
兵庫県公安委員会 第631301300016号
東京都公安委員会 第301121505429号



Check!! – これらのアイテムも一緒にお買取り可能です!


Shimano(シマノ) コンポーネント
Campagnolo(カンパニョーロ) コンポーネント
SRAM(スラム) コンポーネント
ShimanoPRO(シマノプロ)サイクルパーツ
ロードバイク ドロップハンドル
ロードバイク タイヤ
ロードバイク シートポスト
ロードバイク バイシクルバッグ/サイクルバッグ
ロードバイク サイクルコンピュータ(サイコン)
ロードバイク パワーメーター
ロードバイク ステム
ロードバイク ヘルメット
ロードバイク アイウェア
PearlIzumi(パールイズミ)サイクルアパレル
Kapelmuur(カペルミュール)サイクルアパレル
Rapha(ラファ)サイクルアパレル


記事一覧に戻る